PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

※ 新規登録と情報の変更申請はこちら

鈴木秀樹

スズキヒデキ

最終スポーツ歴 (プロレス) 生年月日 1980年2月18日
身長 191cm 体重 108kg
出身地 北海道北広島市
もっと見る

スポーツ歴

プロレス

2021年 4月 - 2021年12月

2021年4月24日(日本時間)、WWE入団と養成機関「パフォーマンスセンター」のコーチ就任が発表。 2021年6月24日(日本時間)、NXTにて配信された、KUSHIDA対カイル・オライリーの試合終了後、アダム・コール&ロデリック・ストロングと共に乱入しKUSHIDAを襲撃。KOした後、3人のユニット『ダイヤモンド・マイン』結成をアピール。コーチとしてだけでなく、選手としても本格的に参戦が決定。 2022年1月6日(日本時間)、WWEの人員削減により複数人のコーチ、プロデューサー、レフェリーらが解雇され、その解雇された中に鈴木秀樹も入っているという情報が複数の米専門メディアが報じられた。鈴木本人はこの件に関してコメントを出していないが、WWEはこの件に関して、肯定する声明を出した。

フリーランス プロレス

2008年 - 2020年

2008年11月24日、IGF愛知県体育館大会における対金原弘光戦でプロレスデビュー。 2009年11月3日に行われた「GENOME 10」の藤井克久戦で初勝利。 2010年9月26日、バトラーツ初参戦。矢野啓太と組み、メインイベントで石川雄規&スーパータイガー組と対戦するが、石川の腕ひしぎ逆十字固めに屈する。 2014年3月、「年間100試合」を目標にIGFから離れフリーに転向した。3月30日にはZERO1奉納プロレスに来場し、4月からのZERO1参戦と佐藤耕平の持つ世界ヘビー級王座への挑戦を宣言した。しかし、5月6日の世界ヘビー級王座戦では佐藤に敗れ、戴冠はならなかった。 6月16日、全日本プロレスに初参戦し、鈴木はKENSOとタッグを組んで諏訪魔&佐藤光留と対戦。試合は鈴木の十八番ダブルアーム・スープレックスで光留から勝利。同時に、継続参戦を要求。 8月3日、ZERO1後楽園ホール大会でタマ・ウィリアムスを破り第22代NWA UNヘビー級王座王者になる。デビュー5年目にして初のタイトルであった。 9月23日、新潟市体育館で行われたプロレスリング・ノアとZERO1の合同興行に参戦。鈴木はこれがノア初参戦となる。当大会で鈴木は佐藤耕平、横山佳和とタッグを組み、マイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト&クワイエット・ストームと対戦した。 2015年7月20日、花鳥風月の王子大会にてウルトラマンロビンと対戦。この試合はサムライTV主催、どインディー大賞2015ベストバウト部門4位に選ばれた。8月16日、大日本プロレスに初参戦。新人の宇藤純久と対戦し勝利。9月からは宇藤と組んで大日本最侠タッグリーグ戦にゲストとして参戦。 2016年は大日本プロレス、ZERO1、古巣のIGFを中心に参戦した。IGFでは藤田和之、ケンドー・カシン、将軍岡本とはぐれIGF軍団で活動。 2017年2月に開幕する「風流人2017タッグリーグ」でウルトラマンロビンとタッグチームを結成し出場。 3月5日、大日本プロレス後楽園ホール大会にて関本大介の保持するBJW認定世界ストロングヘビー級王座に挑むも30分フルタイムドロー。3月30日の後楽園ホール大会にて同一カードのリマッチが決定し、この試合で関本を下しBJW認定世界ストロングヘビー級王座を初戴冠。 8月22日、大日本上野で大日本最侠タッグリーグ戦を将軍岡本とのタッグで出場することを表明。岡本とのタッグを組んだ理由について「僕はわりとダメな人が好きなので、相撲界でもダメだった男、プロレス界でもダメだった将軍岡本を助けたい」と話している。また、ストロング王座の次期防衛戦に関しては「無理にやる必要がない」と慎重な姿勢を見せた。 2017年は大日本プロレス、ZERO1、DDT、花鳥風月を中心に参戦した。また「アイスリボンhomme」(アイスリボン男子部改め)・「氷結相撲事業部」を自称している。

もっと見る