SPORA NEWS

UNIVAS、安全安心な大学スポーツの環境を整備するため「安全安心セミナー」を定期的に開催!

2022年07月29日

「心停止の予防と対策」をテーマに8月30日開催!重篤事故の熱中症や脳震盪の予防や対策を啓蒙‼

一般社団法人大学スポーツ協会(所在地:東京都千代田区、会長:福原紀彦、以下 UNIVAS)は、安全安心な大学スポーツの環境を整備するために、怪我や故障などのリスクを減らし、重篤事故を事前に予防や対策することでアスリート活動を充実させ、ベストなパフォーマンスにつなげられるように「安全安心セミナー」を開催しております。第一回は、夏場に起こりやすい「熱中症」をテーマに実施いたしました。第二回目は、様々なスポーツ種目の活動で起こり得る心停止による心臓突然死の予防と対策について、AEDの活用法も含めたセミナーを8月30日に開催いたします。

UNIVASでは、運動部における外傷・傷害の傾向について取りまとめた「UNIVAS大学運動部活動におけるスポーツ外傷・障害の傾向」の調査を行っております。その結果等を踏まえつつ、重篤事故に繋がる熱中症や脳震盪などの予防や対策を伝え、指導者、管理者、運動部学生が適切な対応を行えるように啓蒙していきます。
今年度UNIVASは、安全安心セミナーを定期的に開催することで、大学スポーツ活動が安全で安心して行える環境を整備していきます。

◆UNIVAS安全安心セミナー2022
テーマ:【第2回】心停止の予防と対策(AEDの使用法も含む)
日時:2022年8月30日(火) 19:00~20:00
開催方法:オンライン
参加料:無料
定員:500名
申込方法:https://forms.gle/g1MsCPB6ztxg3TMm8
対象者:運動部学生および運動部の管理者、指導者(未加盟大学、競技団体を含む)
講師:田中秀治氏
(国士舘大学大学院救急システム研究科 研究科長、UNIVAS安全安心作業部会)

*プロフィール
1987年 杏林大学大学院 修了。国士舘大学体育学部教授等を経て、2016年より同大学大学院 救急システム研究科 研究科長を務める。一般財団法人日本救護救急財団 理事、一般社団法人HeartSaverJapan 理事長、一般社団法人日本臨床救急医学会 理事、一般財団法人日本AED財団 理事、他。
病院前救急医学の研究者・指導者・教員を輩出し続けるとともに、日本救護救急学会において、東京2020オリンピック・パラリンピックのファーストレスポンダー教育・研修に携わる。

◆今後のスケジュール
2022年10月 頭頚部外傷の予防と対応
           12月 スポーツ時の安全管理体制の構築
*日程と時間は決定次第UNIVASオフィシャルサイトで公開いたします。
https://www.univas.jp/project/safety/

■第一回 「熱中症の予防と対応」セミナーの開催報告
【実施概要】
日時:6月28日(火)
開催方法:オンライン
参加人数:約300名
講師:川原貴 (UNIVAS副会長・安全安心委員長)
内容:運動部活動中の熱中症による死亡事故は、あらゆるスポーツ種目で発生する可能性がありますが、熱中症は予測可能で、予防できる疾病です。第一回 「熱中症の予防と対応」セミナーでは、スポーツの現場における熱中症の事例を基にした予防・対策の基本的知識をお伝えしました。

※第一回のセミナー内容は、加盟大学・競技団体の方が利用できる「My UNIVAS」内にある動画コレクションにて公開しております。

「UNIVAS」について
一般社団法人大学スポーツ協会は、大学スポーツの振興を目的に2019年3月に発足。学修環境の充実、安全・安心して競技に取り組める環境整備と共に、大学スポーツ全体の価値向上にむけて活動しています。
URL:https://univas.jp/

SPORA NEWS一覧へ戻る

SPORA EX- 注目コンテンツ -