SPORA NEWS

デジタル応援幕とギフティングの仕組みで地域やスポーツイベントの活性化を支援

2022年10月06日

宇都宮市主催の「2022ジャパンカップサイクルロードレース」と「チアスタ!」がコラボレーション

大日本印刷株式会社(DNP)は、生活者が「デジタル応援幕」をアスリートに贈って応援の声を届けるギフティングサービス「DNPアスリート支援プラットフォームCHEER-FULL STADIUM チアスタ!」*1を運営しています。今回、スポーツイベントを開催する企業・団体・自治体等に「チアスタ!」の機能を提供し、イベントの活性化を支援する活動を開始します。

第一弾として、「2022ジャパンカップサイクルロードレース」とのコラボレーション企画に、「チアスタ!」の機能を提供します。このレースは、日本で唯一、国際自転車競技連合(UCI)がワールドツアーに次ぐプロシリーズと認定しており、10月14日(金)~16日(日)に、栃木県宇都宮市で開催されます。今回「チアスタ!」を利用することで、サポーターの“応援の気持ちが可視化”され、さらに生活者がサポーターとして「デジタル応援幕」を購入した金額の一部が運営や地域活性化の資金として還元されます。
*1 「チアスタ!」WebサイトのURL : https://cheersta.jp

【「チアスタ!」展開の背景と狙い】
国内外のスポーツ大会等での日本人選手の目覚ましい活躍等によって、日本でもスポーツに対する生活者の興味・関心が高まっています。一方、会場に足を運べない、応援の気持ちを直接伝える手段が少ないという状況の中で、生活者の応援が一過性で終わらないよう、スポーツの振興を継続的に支援することが重要な課題になっています。
こうした課題の解決に向けてDNPは、生活者が有料アイテム(テンプレート・スタンプ等)を購入し、「デジタル応援幕」を作成して応援したいアスリートに贈ると、その購入金額の一部が、贈られたアスリートや競技団体に届けられる(ギフティング)サービス「チアスタ!」を展開しています。2022年10月6日現在、個人とチームを合わせて163名のアスリートが登録しています。
スポーツ大会やイベントを主催する企業・団体・自治体等に対しては、リアルとデジタルを融合した新しい応援手法の展開によって、サポーター参加型でアスリートとのエンゲージメント(つながり)を高める施策の提供や運営資金の調達支援、スポーツを通じた社会貢献活動等を支援していきます。

【「2022ジャパンカップサイクルロードレース」における「チアスタ!」の特長】
1.有料のデジタル応援幕を贈ることで大会を直接支援

「デジタル応援幕」を贈ってギフティングした金額の一部は、大会運営や宇都宮市の地域活性化のための資金として還元されます。サポーターとしての生活者は、約500種類の有料のテンプレートやスタンプを自由に組み合わせて「デジタル応援幕」を作成できるため、楽しみながら応援できます。

2.集まった「デジタル応援幕」とメッセージを会場や宇都宮市内の大型スクリーンに投影
「チアスタ!」で贈られた「デジタル応援幕」とメッセージを「2022ジャパンカップサイクルロードレース」の会場内や宇都宮市内の大型スクリーンに投影することで、全国各地から選手たちに直接応援の気持ちを届けることができます。“応援の可視化”という新たな提供価値によってイベントを盛り上げます。

スクリーン投影のイメージ

3.応援を契機とした、地域や施設との交流拡大 
有料テンプレートやスタンプを1,500円(税込)以上購入して「デジタル応援幕」を贈ったサポーターを対象に、大会オリジナルの限定ステッカーをプレゼントします。大会に合わせて10月1日(土)~16日(日)に営業するジャパンカップミュージアムにて、大会当日の10月14日(金)~16日(日)に配布します。応援をきっかけとして、大会会場の周辺地域や地元施設への送客を促し、新たな交流機会の創出に貢献します。
※景品はなくなり次第終了となります

■「2022ジャパンカップサイクルロードレース」の概要
〇開催期間 : 2022年10月14日(金)~16日(日)
〇サイトURL : https://www.japancup.gr.jp/
〇チアスタ!の特別サイトURL :https://sp.cheersta.jp/event/2022Japancup/Japancup.html
〇主催 : 宇都宮市
〇主管 : 公益財団法人 日本自転車競技連盟、ジャパンカップサイクルロードレース実行委員会、NPO法人ジャパンカップサイクルロードレース協会
○ジャパンカップミュージアムの所在地 : 宇都宮市江野町2-11

■「2022ジャパンカップサイクルロードレース」大会主催担当者のコメント
ジャパンカップの新たな取り組みとして、直接大会やチーム・選手に応援を届けることのできる「チアスタ!」については、観客の皆様と大会・チーム・選手との懸け橋になり得るサービスだと期待しています。選手たちに熱い応援をしていただき、今年は現地観戦、ライブ映像視聴、「チアスタ!」と多彩な応援方法で3年ぶりの開催となるジャパンカップサイクルロードレースを楽しんでいただければと思います。

【今後の展開】
DNPは、「チアスタ!」の展開によってアスリートの活動を支援するとともに、企業・団体・自治体等とのコラボレーションを推進し、コロナ禍等の状況においても、新しい応援手法を通じたスポーツ振興と地域活性化に貢献していきます。また、スポーツ大会等の運営のバックオフィス業務支援や、アスリートとサポーターをつなぐコミュニケーション支援等のサービスをワンストップで提供し、スポーツ関連の課題解決と新しい価値の創出につなげていきます。

※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※記載された製品の仕様、サービス内容等は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

SPORA NEWS一覧へ戻る

SPORA EX- 注目コンテンツ -