PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

杉浦 貴

スギウラ タカシ

現在の所属 プロレスリングNOAH(プロレス) 生年月日 1970年5月31日
身長 178cm 体重 89kg
ニックネーム KILLING MACHINE
もっと見る

スポーツ歴

プロレスリングNOAH プロレス

2000年 - 現在

選手

レスリング

1989年 - 1999年

選手

高校卒業後、自衛隊に入隊し、体育学校に入校、レスリングを始める。寮に入るとベッドやトイレなどを常にきれいに保たなければならず、もし少しでも汚ければ班長が部屋を荒らし、それを30分で片付け・掃除し直さなければならなかった。体育学校での1日は毎日が合宿のようなものであり、走り込みやウエイトトレーニングまであらゆる運動を行った。杉浦は週1回、自衛隊とは別にレスリング道場に通って体を鍛えていた。アマチュアレスリングに進んでからはプロレスはあまり見なくなり、四天王プロレスもこの頃は興味がなかった。1994年国体のグレコローマン74kg級で初優勝し、その後2度の優勝[3][4]、1995年12月に行われた天皇杯・全日本選手権大会ではグレコローマン82kg級優勝[5]の実績を持つ。1996年4月に中国・蕭山で開催されたアジア選手権で3位以内に入賞すればアトランタオリンピックに出場できたが、あと1勝というところ(4位)で出場を逃した。アトランタオリンピック終了後、杉浦は85kg級でシドニーオリンピックを目指すことにしたが、オリンピック出場を懸けた1999年の全日本選手権で大学生(松本慎吾、現日体大監督)に負けて出場を逃した。 その後、オリンピック出場を逃したため一般自衛隊員への異動を命ぜられるが、もうすでに自衛隊に残ることや一般企業に再就職することは考えておらず、プロレス転身に対する思いを胸に秘めるようになった。しかしプロレス転身の際に29歳であった上に妻と1児を抱えていたため、公務員を辞めるかどうかで悩んでいたが、ある日妻が「これからどうするの?」と食事の席で聞いてきて、口ごもっていたら「プロレスやったら?」と言い出したので、自身の望みを打ち明けた。自衛隊OBの本田多聞を慕って全日本プロレスに入団し田上明の付き人となった。入団直後、デビュー前に同団体が分裂。練習生のまま三沢光晴が新たに旗揚げしたプロレスリング・ノアに移籍。

柔道

1986年 - 1988年

選手

高校生(中京高等学校。現在の中京大学附属中京高等学校)時代は柔道を経験、柔道2段であった。1988年秋、たまたまテレビで見た宮原厚次に心を奪われ、タイガーマスクを初めて目の当たりにしたときよりも強い衝撃を受けた杉浦はプロレスラーよりもアマレスラーになりたいと思うようになった。

サッカー

1983年 - 1985年

選手

将来はプロレスラーになると決意していたが中学には格闘系の部活がなく、町道場もなかったため、妥協して小学時代からやっていたサッカーを続けることにした。

サッカー

1980年 - 1982年

選手

プロレスと出会ったのは小学5年生の頃であり、テレビで初代タイガーマスクを見たその時に一瞬でファンになった。金曜午後8時は必ずテレビにへばりつき、ほとんどのプロレス中継を観戦。翌日の朝、学校で友達と前夜の試合について話したり、プロレスごっこで遊んだりしていた。

もっと見る