PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

大塚 光二

オオツカ コウジ

現在の所属 東北福祉大学硬式野球部(野球) 生年月日 1967年8月26日
身長 180cm 体重 78kg
出身地 兵庫県神戸市垂水区
投/打 右/左
日本学生野球連盟・学生野球資格回復認定日 2015年1月30日
その他コーチ歴 一球幸魂倶楽部
もっと見る

スポーツ歴

東北福祉大学硬式野球部 野球

2015年 7月 - 現在

監督

2015年7月27日付で、東北福祉大硬式野球部時代の1年先輩・山路哲生から、同部の監督を引き継いだ(山路は総監督に就任)。なお、チームは大塚の監督就任を機に、仙台六大学秋季リーグで2季振りに優勝[8]。明治神宮野球大会・大学の部[9]にも「東北3連盟代表」として4年振りに出場したが、立命館大学との1回戦(11月12日)で、打線が桜井俊貴から毎回の18三振を奪われた末に完封負けを喫している。2018年6月17日、第67回全日本大学野球選手権大会決勝で国際武道大学に6-2で勝利し優勝した。

北海道日本ハムファイターズ 野球

2013年 - 2014年

コーチ

2013年:一軍外野守備走塁コーチ、2014年:ファーム外野・守備走塁コーチ

埼玉西武ライオンズ 野球

1990年 - 2001年

選手

『西武ライオンズ』 時代  プロ1年目の1990年から一軍出場を果たす。西武黄金期の貴重な控え選手として森祇晶・東尾修の両監督に仕えた。特に日本シリーズには滅法強く、印象に残るプレーを見せている。1992年の日本シリーズでは、第6戦の9回表2死、1点ビハインドの場面で四球で出塁すると、続く秋山幸二の右越え安打で一塁から一気に本塁を突き、古田敦也のブロックをかいくぐって左手で本塁にタッチする好走塁で生還。1994年はシーズン出場は15試合だったが、日本シリーズは全試合2番ライトでスタメン出場し、打率.320を記録。4試合でスタメン出場した1998年の日本シリーズでは、第5戦から第6戦にかけて6打数連続安打のシリーズ新記録(当時)を樹立し、打率.643の活躍で敢闘選手賞を受賞した。日本シリーズ通算打率(50打席以上)では歴代1位(通算58打数23安打3打点、打率.397)を記録している。 2001年限りで引退

東北福祉大学硬式野球部 野球

1986年 - 1989年

選手

同校の硬式野球部で佐々木主浩らと共にプレー。「東北福祉大学伝説のキャプテン」と呼ばれて各球団の後輩選手から慕われていた。ルームメイトは金本知憲だった。 1989年のプロ野球ドラフト会議で西武ライオンズから3位指名を受け入団。

育英高等学校硬式野球部 野球

1983年 4月 - 1985年

選手

育英高校に進学してから野球を始めた。

もっと見る