PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

83 原 辰徳

ハラ タツノリ

監督

現在の所属 読売ジャイアンツ(野球) 生年月日 1958年7月22日
身長 180cm 体重 86kg
投/打 右/右
出身地 神奈川県相模原市
出生地 福岡県大牟田市
もっと見る

スポーツ歴

読売ジャイアンツ 野球

2018年 10月 - 現在

監督

4年振りに第19代読売ジャイアンツの監督に就任

読売ジャイアンツ 野球

2005年 10月 - 2015年

監督

第17代読売ジャイアンツの監督に就任

読売ジャイアンツ 野球

2001年 9月 - 2003年

監督

第15代読売ジャイアンツの監督に就任

読売ジャイアンツ 野球

1999年 - 2001年

コーチ

1999年 - 一軍野手総合コーチに就任。 2000年 - 一軍ヘッドコーチに就任(~2001年)。

読売ジャイアンツ 野球

1981年 - 1995年

選手

東海大学硬式野球部 野球

1977年 5月 - 1980年

選手

東海大学政治経済学部経済学科に進学。遠藤一彦は先輩、市川和正と津末は同級生、高野光は後輩にあたる。当時東海大学はあまり大学野球で人気のない首都大学野球連盟に加盟していたが、原目当てのファンが殺到する事態に備えて、加盟校のグラウンドで行われていた試合に加え、川崎球場や横浜スタジアムなどを利用した。 1年生秋のリーグ戦で初本塁打を打ったが、打率.267で、ベストテンには入れなかった。首都大学リーグでは3度の最高殊勲選手、1年生秋のリーグを除く7度のベストナインを獲得。打撃三冠王を2度達成する(2年生秋・4年生春)。リーグ通算93試合出場、362打数144安打、打率.398、21本塁打、105打点。大学1年時の秋に行われた明治神宮野球大会では、東京六大学リーグのエースとして君臨していた法政大学の江川卓と対戦。4打数2安打1本塁打を記録するものの同年の全日本大学野球選手権大会、明治神宮野球大会では共に決勝で敗れ日本一は果たせなかった。 3年生時に日本で開催された日米野球では、早稲田大学4年生の岡田彰布と3番、4番を組み、ハワイ大のエース、デレク・タツノらと対戦した。この大会でも逆転満塁本塁打を放つなど活躍を見せる。大学4年時には、秋の明治神宮野球大会で1試合3本塁打を放つなどの活躍を見せ、「長嶋茂雄の再来」の期待をさらに大きなものとした。1980年、日本で開催されたアマチュア野球世界選手権に、大学生としてただひとり日本代表選手に選出され出場した(3位入賞)。 1980年のプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツ新監督の藤田元司が4球団(巨人、広島、大洋、日本ハム)競合の末に1位クジを引き当て、巨人に入団。

東海大学付属相模高等学校硬式野球部 野球

1974年 4月 - 1976年

選手

1年生から三塁手のレギュラーとして活躍。夏の甲子園に3年連続で出場し、1975年の春の甲子園にも出場している。この大会では決勝戦まで勝ち進み、延長の末に高知高校に敗れたものの、準優勝という成績を収めている。甲子園の各大会では、後にプロ野球でも活躍する定岡正二[注 2]、宇野勝、土屋正勝、杉村繁らと名勝負を繰り広げている。地区大会の神奈川県大会では、川崎球場を満員にする程の「原フィーバー」を巻き起こした。当時のチームは、原の他にも、津末英明(津末は東海大学の同期でもあり、後に巨人でもチームメイトとなった)、綱島里志、佐藤功、村中秀人らの好選手を擁していた。高校通算本塁打は43本。

もっと見る