PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

ROH(Ring of Honor)

2002年、設立して旗揚げ戦を開催。WWE、TNAに次ぐ第3のプロレス団体として注目を集める。

アメリカの北東部と中東部を中心に興行を開催しており、熱心なファンが多いことで知られている。

ROHのレスリングの特徴としては、高度なレスリング技術が挙げられる。

ギミック、マイクパフォーマンス、ストーリーラインに重きを置く前述の2団体と差別化を図っている。

この点で日本の団体と似ており、スポット参戦ながら日本人選手が多数参戦したことがあるのも特徴。

 

2002年には、エディ・ゲレロが2回登場しており、2005年11月13日の彼の死を受けて、11月19日に開催した興行をA Night of Tributeと銘打ち、試合開始前にテンカウントゴングを行った。

 

2006年4月には、WWEがレッスルマニアを開催する同時期にシカゴで興行を開催し、3日間で約3500人を動員し大成功に終わった。

以降、レッスルマニアと同時期に同じ都市でROHが裏興行を行うことが恒例となっている。

 

2006年8月には、イギリス遠征を行い、過去最高の観客動員記録を樹立。

 

2007年には、日本遠征、2008年には、カナダ遠征を果たした。2007年5月より、全米でPPV放送を開始。

また、フィラデルフィアでレスリングスクールも開催しており、若手選手の育成にも力を注いでいる。

 

姉妹団体としてイリノイ州を拠点に活動する女子プロレス団体「SWA」があり、ROHのレギュラー選手が多数参戦している。

SWAでは王座管理も行っており、これらがROHの女子王座として認定されている。

かつてはフロリダ州を拠点に活動するFIPも姉妹団体であったが、その後DRAGON GATE USAと業務提携を結んでいる。

 

2007年5月、ROHが7月からPPV放送を開始することを受けて、今まで友好的な関係にあったTNAが関係断絶を発表し、TNA所属選手がROHに上がることも禁止した。

 

しかし2008年4月以降、TNA所属選手のクリス・セイビン、アレックス・シェリー、サモア・ジョーがROHの興行に参戦している。

 

2008年10月、ROH設立当初からブッカーを務めてきたゲイブ・サポルスキーの離脱を発表。

アダム・ピアースの新体制のもとギミック重視の選手、知名度のある元WWE所属選手を起用して興行時間の短縮など新たなカラーを打ち出している。

 

2009年3月より、全米でTV放送を開始。毎週土曜日8時からHDNetチャンネルで「Ring of Honor Wrestling」のタイトルで放送中。

9月からは、WWEやTNAでブッカーを務めていたジム・コルネットがエグゼクティブプロデューサーとして参画している。

 

2011年5月、SBGが買収。「Ring of Honor Wrestling」も同局での放送に変更。

 

2014年2月23日、日本の新日本プロレスと業務提携を結んだことを発表。

 

2016年8月11日、メキシコのCMLLと業務提携を結んだことを発表。

9月9日、ROH女子部「Women of Honor(WOH)」が日本のSEAdLINNNGと業務提携を結んだことを発表。

 

2017年2月17日、WOHが日本のスターダムと業務提携を結んだことを発表。

 

近年では新日本と深い友好関係にあり、互いの所属選手をPPV等の大型興行に参戦させる関係となっている。

特にROHからの参戦は頻繁で、G1 CLIMAXやBEST OF THE SUPER Jr.等の長期シリーズに参加するROH所属選手も多い。

設立年月日 2002年 月
公式サイト https://www.rohwrestling.com/
もっと見る

所属選手

現役選手
過去所属の選手
チームスタッフ
過去のスタッフ
  • フラミータ

MORE