PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

関西学院大学水上競技部 競泳パート

1919年 :横井時直、安達金城らとともに水泳部を創設、翌年正式に認可される。

 

1923年:名称を「水上競技部」に改称。
・第1回関西学生選手権開催。(実際には関東大震災余波のため中止、翌年へ延期)

 

1924年:石田恒信が関西学院史上初となるオリンピック(パリ大会)に出場。
・早稲田大学との対抗戦を開催。(学生スポーツ界初の東西対抗戦)

 

1925年:第2回関西学生選手権において、競泳・水球・飛込みの3部門で優勝。以後競泳部門は1969年まで同志社大学と関西水泳界の覇権を争う。

 

1930年:伊藤英逸が極東オリンピックに出場し、100M自由形で4位入賞を果たす。

 

1942年:太平洋戦争の影響により、戦後まで活動を閉鎖する。

 

1946年:戦後の焼け跡が残る中、活動再開。

 

1948年:高等部水泳部を併設、全日本高等学校選手権で団体優勝する。

 

1949年:山本速水が100M背泳ぎで日本選手権を制覇する。

 

1950年:山本速水が100M背泳ぎで2年連続日本選手権を制覇し、日本学生選手権も制覇する。
(日本学生は翌年も優勝)

 

1956年:津谷鹿乃子(現:馬渕かの子)が高飛込みで日本選手権を制覇し、オリンピック(メルボルン大会)に出場する。津谷は以後数年国内では無敵の強さを誇り、1960年のローマ大会、1964年の東京大会と3大会連続のオリンピック出場を果たす。

 

1963年:関西学生選手権で競泳男子が3連覇、通算24回目の優勝を飾る。
(以後、50年間優勝から遠ざかる)

 

1975年:部員数が創設期を除いては最小の6名となり、以後しばらく低迷期が続く。

 

1981年:競泳女子部門創設。

 

1984年 ・新学生会館内に室内公認温水プール完成。

 

1987年:長く活動を休止していた水球部門が復活する。

 

1989年:競泳女子が関西学生選手権で1部6位となり、初の日本学生選手権団体出場を果たす。

 

1992年:スポーツ推薦制度が商学部、社会学部で復活する。以後競泳、水球ともに有望な選手の入部が増え、飛躍的に復活への道を歩む。(翌年には文学部でもスポーツ推薦制度が始まる)

 

1996年:清水健次郎が国体兵庫県チーム200Mリレーの一員として、日本新記録を樹立する。
(以後3年連続同種目での日本新記録を樹立)

 

2013年:関西学生選手権で競泳男子が50年ぶりに総合優勝を果たす。(通算25回目)

設立年月日 1919年 月
公式サイト http://kgust.com/
もっと見る

所属選手

現所属選手
過去所属の選手
チームスタッフ
過去のスタッフ

最新の投稿

過去の投稿