PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟は、日本の新潟県内の全市町村をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

 

1955年、新潟明訓高校OBが中心となって創部した新潟イレブンサッカークラブとして創部。

 

1982年には社会優良団体(優良スポーツクラブ)として文部大臣賞を受賞した。

 

1991年、新潟県サッカー協会は2002 FIFAワールドカップの開催地に立候補することを決定(翌1992年に新潟県議会でも可決)。

ワールドカップ招致活動の一環として掲げられたプロサッカークラブの創設と短期間でのJリーグ加盟を実現するため、新潟県社会人サッカーリーグからのスタートとなるクラブの新設ではなく、天皇杯、全国社会人サッカー選手権大会などの全国大会への出場経験を持つ北信越リーグの新潟イレブンSCを強化することになった。

 

1995年、県サッカー協会の強化指定を受けた新潟イレブンSCを母体に新潟蹴友会の主力選手を加えてチーム名を『アルビレオ新潟FC』(はくちょう座にある二重星アルビレオに由来)に改称した。新監督に県の外国人スポーツ指導者招聘事業により来県していたフランツ・ファン・バルコムが就任し、新潟イレブンSCの監督を務めていた若杉透は総監督に就任した。

 

1996年、チーム母体を法人組織として株式会社を設立。

 

1997年、『アルビレックス新潟』に改称(県民投票の結果”アルビレオ”とラテン語で「王」を意味する”レックス”を掛け合わせた造語)。

クラブ名を改称して臨んだ1997年は北信越リーグ連覇を果たし、日本サッカー協会及びJリーグより地域リーグ所属のクラブからは唯一となる1999年に開幕するJ2への参入を承認された。

 

1998年、全国地域リーグ決勝大会を勝ち抜き、ジャパンフットボールリーグに昇格。JFLは永井良和監督の下で臨んだが、順位は11位。

 

1999年にJリーグへ加盟。

 

 

ホームタウンはホームスタジアム・デンカビッグスワンスタジアムがある新潟県新潟市とクラブハウスのある北蒲原郡聖籠町のみだったが、2019年7月30日より新潟県内の全市町村に拡大した。

 

マスコットキャラクターは白鳥をモチーフに2000年に登場した『アルビくん』。

 

 

総合型地域スポーツクラブ

なでしこリーグに参加する女子チーム・アルビレックス新潟レディース(2002年創設・活動開始)を持つほか、会場の応援を彩るチアリーディングチームも運営している。

また、Jリーグ百年構想による総合型地域スポーツクラブを目指しており、バスケットボールのBリーグに新潟アルビレックスBBが、バスケットボール女子日本リーグ機構(WJBL)に新潟アルビレックスBBラビッツが参戦している他、2004年にスキー・スノーボードのチームアルビレックス新潟を、2005年に陸上競技の新潟アルビレックスランニングクラブを創設。更に、2006年にプロ野球独立リーグ・ベースボール・チャレンジ・リーグに参戦する新潟アルビレックス・ベースボール・クラブが、2010年にモータースポーツのアルビレックスレーシングチームが創設されている。なお、各「アルビレックス」はイメージカラーを共有しているが、各競技チームの運営会社は全く別個の企業であり、各運営会社間に直接の資本関係等はない。

 

設立年月日 1955年 月
公式サイト https://www.albirex.co.jp/
もっと見る

所属選手

現所属選手
過去所属の選手
チームスタッフ
過去のスタッフ

  • 浜野 征哉

MORE