PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

高崎健康福祉大学高崎高等学校硬式野球部


Deprecated: wp_make_content_images_responsive の使用はバージョン 5.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_filter_content_tags() を使ってください。 in /var/www/html/wordpress/wp-includes/functions.php on line 4859

目的は人間形成

健大高崎は人を育む野球部であり、併せて甲子園出場も目指しています。

至誠通天(しせいてんにつうず)
これは真心を尽くせば、願いは天に通じるとの意味です。妬みからは否定しか生みません。相手を認めて学び慮るという、心の深さを選手とともに追い求めていきたいと考えます。
生徒たちが将来家庭を持ったとき、子供に胸を張って語れる過去であるように、今現在を手作りの指導で尽力したいと考えています。

目標は全国制覇!

10名のコーチングスタッフ
堅固な一蓮托生の「ブレーン」を構築し、組織的に勝つためのビジョンを戦略として提示します。
各担当コーチ陣による基礎体力・基本練習・スキルアップ練習・さらには戦術・戦法を駆使した頭脳的なプレーの習得に勤しんでいます。

豊富なコーチ陣での分割陶冶
Aチーム(主力)・Bチーム(育成)・Cチーム(新人)の3チームを編成し、年間総数で300試合にも及ぶ実戦経験を積ませます。
ビジョンによって編成された各チームは個々のテーマを携行し、目的を持ってゲームに臨みます。

チーム力と個人のスキルを数値で評価
「良い選手」とか「使えない選手」等と耳にしますが、「どの程度良いのか、何が劣悪で使えないのか」は、明確な裏付けが示されていないのが現状です。
健大高崎では、固定観念での訝しい評価を払拭すべく、全ての試合の成績を専属アナリストにより徹底的に分析されて指数化し、更に比較対象をすることにより、解析・示唆・評価・課題を提示します。
野球の統計学と呼ばれている「セイバーメトリクス」での評価も含め、各選手にはデータが個票として渡され、現状の力量を把握するとともにアウトオブシーズンの練習指標となります。

部訓「不如人和」~人の和(団結力)はすべてに勝る~

健大高崎野球部の行動指針である「不如人和」は、古代中国の思想家、「孟子」のことばで、本来は『天時不如地利 地利不如人和』(てんじふにょちり ちりふにょじんわ)という文言でできています。
これは、「天の時・地の利・人の和」ということばで構成されており、戦略が成功する三条件を示すとされています。
読み方は「天の時は地の利に如かず・地の利は人の和に如かず」で、その意味は「天の与える好機は立地条件の有利さには及ばない。しかし、立地条件の有利さは人心の一致には及ばない」という内容になります。
「団結力はすべてに勝る」という趣旨を簡略して、「不如人和」として部訓で用いています。

旗印「機動破壊」~疾風迅雷(しっぷうじんらい)・波状攻撃~

「機動破壊」ということばは、健大高崎野球部の生み出した独自の造語です。このことばの中には様々な意味や創始者の思いが内在しています。その内容を簡潔に表現するならば、「疾風迅雷」・「波状攻撃」・「定石破壊」・「心理戦略」となりましょう。
「機動力」=「盗塁」。そして、「破壊力」=「長打力」。そのようなイメージで色分けされた図式が野球界には旧来より定石として存在します。
しかし、健大高崎の目指した野球はそうではありませんでした。もちろん、盗塁の占める領域は存在しますが、それは100%の中の30%程度の比重でしかありません。健大高崎が思い描いたものは、記録に残らない走塁を駆使した心理戦であり、常に「プレッシャー」という「波状攻撃」を仕掛けることで、徐々に相手を追い詰めて崩していき、最終的に「破壊」することにありました。
ですから、盗塁をしないという「機動破壊」も存在します。過激な表現から、盗塁することによって、「木端(こっぱ)微塵(みじん)」に粉砕することを連想させてしまいますが、実はそうではありません。浜辺に作った「砂の城」が、何度も打ち寄せる波に「浸食」され、徐々に崩されていく様を骨子としています。

 

設立年月日 2002年 4月 1日
公式サイト http://www.kendaitakasaki-bbc.com/
もっと見る

所属選手

現役選手
過去所属の選手
チームスタッフ
過去のスタッフ
  • 阿部 颯太

  • 園山 尋斗 

  • 福岡 勇人  

MORE
  • 北川 浩久 

MORE

最新の投稿

過去の投稿