PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

PLAYERS FILE- キズナ繋がれ!みんなの選手名鑑 -

慶應義塾高等学校硬式野球部


Deprecated: wp_make_content_images_responsive の使用はバージョン 5.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_filter_content_tags() を使ってください。 in /var/www/html/wordpress/wp-includes/functions.php on line 4859

1888年創部の三田ベースボール倶楽部を起源とする。1948年の高等学校開設とともに高等学校野球部となり、現在に至る。旧制時代は慶應義塾普通部と慶應義塾商工学校が別にあり、選手権大会ないし選抜大会にはいずれかの野球部が出場していたため、現在の高等学校野球部としては旧両校の出場回数を合算した上での出場回数となっている。また、高校野球の応援席で男子校としては珍しく、慶應義塾女子高等学校のチアガールも受け入れられている。

部訓は「エンジョイ・ベースボール」。自由かつ伸び伸びと野球を楽しむことを日頃から重視している。坊主頭でない部員も多い。

 

  • 1916年の第2回全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)では普通部が初出場、初優勝を果たしている。

 

  • 1949年までは東京府または東京都、1950年以降は神奈川県から出場している。

 

 

  • 2008年には第80回選抜高等学校野球大会に3年ぶり7回目の出場。また、第90回全国高等学校野球選手権記念大会では神奈川大会が北神奈川大会と南神奈川大会とで分割されたため、北神奈川大会に出場した決勝戦で東海大相模を破り、46年ぶり17回目の出場。南神奈川代表の横浜高校と共に春夏連続出場を果たし、ベスト8に進出する成績を上げた。また、この大会には力道山の孫が投手として出場したことでも話題となった。さらに、同年の秋季神奈川県大会で優勝、その後に続く関東大会でも千葉県の習志野高校を破り、優勝している。また、その後の第39回明治神宮大会・高校の部でも奈良の天理高校を破り優勝。

 

 

  • 2018年、第90回記念選抜高等学校野球大会に出場(9年ぶり9回目)。開会式の入場行進で使用したプラカードには『応』の字の『心』の左側の点が欠けた状態で書かれていたため、大会本部が謝罪した。揮毫時は正しく書かれていたが、業者がシール化したものを貼る際に誤りが生じたという。第100回全国高等学校野球選手権記念大会に北神奈川代表として出場(10年ぶり18回目)。春夏連続出場を果たした。

設立年月日 1948年 月
公式サイト http://www.hs.keio.ac.jp/clubs/baseball/index.htm
学校創設 1948年
もっと見る

所属選手

現役選手
過去所属の選手
チームスタッフ
過去のスタッフ
  • 本間 颯太朗

MORE
  • 植田 清太 

MORE